個人輸入で海外のジェネリック薬が通販できる

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品とは

最近病院に行くと、薬局で処方される薬にジェネリック医薬品というものを見かけることがあると思います。多くの方は知っているかもしれませんが、ジェネリック医薬品は価格が安く販売されています。

 

当然の疑問として、薬を買うなら安い方がいいのでジェネリック医薬品だけをほしいんだけどそうできないの?というものがあると思います。

 

実はすべての薬にジェネリック医薬品が存在するわけではありません。

 

薬の開発には数百億円という巨額の開発費を使って製薬会社で発明されます。

 

大きな製薬会社になるとその発明する薬に対する効果によっては国からの補助金などが出ますが、それほど重要な効果が発揮できない医薬品の開発には製薬会社でそのすべての開発費をねん出しないといけません。

 

そのために、一つ新しい薬の開発費を、薬を販売することによって稼がないといけないのです。

 

もちろん販売されるとその成分はほかの製薬会社は分析して知ることができます。

 

そして、同じ成分のものを開発費をかけずに販売することもできてしまうと、初めて薬を開発した会社は自社で開発した薬を販売して開発費を取り戻すことが難しくなってしまいます。

 

そうなると、多くの製薬会社が新しい薬を開発するよりも、ほかの製薬会社が開発した薬のコピー商品を販売した方が簡単に設けることができると考えてしまい、製薬業界の研究する意欲が激減することになります。

 

そうならないように、新しい薬を開発すると約20年から25年間は他社はその薬に類似する薬を製造販売することはできないというルールがあるのです。

 

そのルールの期限が切れると、ほかの製薬会社はジェネリック薬として同じ成分の薬を製造販売し始めるので、消費者には格安で購入できるようになるということです。

 

なので、クスリに中にはまだ期間が切れていないので、ジェネリック薬が販売されているわけではありませんが、これからどんどんジェネリック薬は増え続けていくことだけな確かです。

 

ED治療薬のバイアグラは保険適用外なので病院で処方してもらって薬をもらっても価格が高価です。個人輸入で購入することで安く手にすることができる方法。バイアグラのジェネリック薬も販売していてコストも抑えることができます。
また、第二のバイアグラと呼ばれるレビトラもジェネリック薬が販売されています、サビトラジェネリックも通販でき人気の高いジェネリック薬です。ED治療薬は、日本の病院ではジェネリック薬を手に入れることは現状できていません。

 

病院でしジェネリック医薬品を頼む方法

 

最近では病院で診察すると、清算の時に処方箋を渡されるようになっており、それを薬局に持っていくことで薬をもらうことができます。こうすることにより、医師が必要だと許可したものがきちんと患者さんに渡されるということです。

 

薬局で処方箋を渡す時に保険証を提示するしますが、こと時に薬はジェネリック医薬品を希望すると伝えると、薬局の方で安価なジェネリック薬を渡してくれます。

 

安い薬はジェネリック医薬品

 

安い薬はジェネリック医薬品

 

景気が回復したといっても家計の出費は増えるだけで、収入は上がっているわけでもないというご家庭が多いことだと思います。その中でも持病などお持ちの方の場合には毎月決まった薬を飲まないといけません。そうなると医療費が家計を大きく圧迫してしまいます。

 

その医療費負担を軽減するためのジェネリック医薬品という制度があることをご存知でしょうか?

 

ジェネリック医薬品とは、従来の医薬品を、開発費をかけずに製造することで、安価に市場に出回らせる制度です。

 

この制度ができる前には、医薬品を開発した会社が特許を取ってしまうと、その権利を永久に続けることができたのですが、現在では最大25年の制限が設けられました。このため薬が開発されて25年の年月が経つと、ほかの製薬会社が同じ成分で製造販売することができるようになるのです。
薬は原価的にはそれほど高価なものではないのですが、開発費がとても高額なので、ほとんどは開発費をペイするために医薬品の価格は設定されているのです。

 

そのため、開発費とかけずに薬を製造するととても安価で販売することができるので、その恩恵が消費者に受けることができます

 

この制度は消費者にとってはとてもうれしいことですが、その反面、この制度は医薬品業界の発展を妨げるのではないかという懸念する声もあります。